自己責任の本当意味を考える

※カテゴリ「雑感」の記事は、ただの備忘録です。

本来、自己責任というキーワードは、政治用語の新自由主義の結果についてアウトプットと対応している?

新自由主義 → 機会の平等を提供 → 結果 & 自己責任(政府は助けないよ。知らんがな。)
自由主義 → 結果(悪ければセーフティーネットで救済するぞ。それが最大多数の最大幸福だからね。)

という話での自己責任であり、他の用法では、単なる「自業自得」という意味合いが強い。

例えば、プロ野球選手団と、素人集団が野球で勝負する。負けたほうが資産没収とする。勝負の機会は提供したのだから、結果については自己責任です。

とすると、新自由主義者は、強者が有利である。弱者は常に自己責任で辛酸をなめることになる。ハンデをつけようとすると、ズルいとか、卑怯だとか、公平ではないという。そして、勝ち目のない戦いへと駆り立て、負けるしかない弱者は、戦う前から負け戦を強いられる。そして、負けても、自己責任だからといって、救済されない。救済しようとすると、税金の無駄であるという論調で、煙に巻く。仮に救済したとしても、その金で一人でもパチンコでもしようものなら、弱者は皆ろくな金の使い方をしない。というところだけにフォーカスして、弱者全体を救済することをやめようとする。

これは、比喩だが、日本国内政治の場合、これがまさにまかり通っている。
強者が強者の為のルールを作っているに過ぎない。

自己責任という都合のよいキーワードを明確に定義することなく、雰囲気で使っている。用法を誤ると、人を貶める使い方や、弱者を追い詰める用語なのかもしれない。

少なくとも、プロフェッショナル同士の戦いでない場合、自己責任というのは、酷な表現であろう。もっと解りやすく例えるならば、「うさぎ」と「ライオン」の戦いのようなものだ。

同じ折にブチ込んで、うさぎとライオンを戦わせる。負けたうさぎに、自己責任だな。というのと大して変わらない。

一旦、抽象度を上げて、その後、具象度を上げ、別の事例として考えてみると、誤った「自己責任」という用法は、残酷なキーワードである。

★というわけで、むやみやたらに「自己責任」というキーワードを使うのはやめましょう。敵に言うのはアリかもしれないけれど。仲間に言うのは、イキナリぶん殴るのと変わりませんね。

Saitoon

◆補足

以下、Wikipediaにあった自己責任の例。

①自己の危険において為したことについては、他人に頼り、他人をあてにするのでなく、何よりもまず自分が責任を負う。・・・この原則は十分な情報と判断能力がない場合には妥当しない。

★というか、結局自分でケツを拭かされます。子供がやった場合は、親が尻拭いですね。

個人は自己の過失ある行為についてのみ責任を負う」という意味がある。個人は他人の行為に対して責任を負うことはなく、自己の行為についてのみ責任を負うという近代法の原則のことである。

★金と権力を使えば、他人に責任を負わせることができます。自己の責任において。

個人は自己の選択した全ての行為に対して、発生する責任を負う」という意味がある。何らかの理由により人が判断能力を失っていたり、行為を強制されている場合は、本人の選択とは断定できないため、この限りではない。

個人は自己の選択した全ての行為に対して、発生する責任を負わされる。とくに、他人に迷惑をかけた場合は、容赦がない。判断能力や強制力が働いている場合は、権力者の都合による。という感じでしょうね。

④証券取引による損失は、たとえ予期できないものであっても全て投資者が負担する。

★原則そうであるが、大人の事情によっては例外的にそうとは限らない。相手が機関投資家や大人の事情で逆らえない組織の場合は、何とも言えない。のではないかと・・・。

 

自由主義と新自由主義の比較

★自由主義と新自由主義、なんか自由でいいんじゃね~の?
と聞き流してはいけません。

下記は、政治についての自由主義と新自由主義を比較しやすくまとめてみました。

◆自由主義と新自由主義 比較

項目 自由主義
(リベラリズム)
新自由主義
(ネオ・リベラリズム)
概要 功利主義。
(最大多数の最大幸福。)
上記を前提とした自由。
公正さよりも効率性を重視。
自己責任。
成果主義。
政府 最大多数の最大幸福の為には介入する。 介入はできるだけ排除。
政府のサイズ 大きな政府 小さな政府
平等を考慮する ○(ある程度結果も平等にすべき) ×(機会の平等のみ)
無制限の自由 ×(制限する) ○(制限しない)
主体 良識ある階層社会の民衆 弱肉強食での生存者
アメリカの政党 民主党 共和党
得をするのは? 政府に守られている人たち グローバル企業、大企業

実態は、グローバル企業に支配されているが、建前上は、上記の主義でオブラートjに包まれている。

こうしてみると、日本の政治は、節操がなく、ブレまくっているようにも見える。
両方が混ざっている。あえてまとめるならこうなる。

項目 茶番主義
概要 事なかれ主義、やっているふり。
政府 既得権益を守る為なら何でもやる。愚民からは可能な限り搾取する為だけの政府。
政府のサイズ 大きな政府。無限増殖。
平等を考慮する 考慮するふりで、国民からは平等に搾取しまくる。
無制限の自由 ×(制限する。官僚が支配する。)
主体 利権保持者、官僚 → 国民は支配と搾取の対象でしかない。
得をするのは? 愚民以外

日本の場合は、政治がお粗末で、オブラートにすら包まれていない。
何もかもがデタラメで一貫性もなく、論理も通用しない。
都合が悪いことは、議論しない。テーマにもあげない。時間稼ぎして誤魔化す。

もし、一神教圏であれば、革命が起きて、現政府は打倒されるであろう。

★老若男女が今の日本国全体がこのままではヤバいと感じていると思いますが、それは感覚的には間違いではありません。いろいろな視点で見ても、やっぱりいろいろな意味でヤバいのです。

Saitoon

メタ・コミュニケーションとダブルバインド

◆メタ・コミュニケーション
コミュニケーションについてのコミュニケーション。

目的 コミュニケーション メタコミュニケーション
アプローチ 付き合ってくれ。 友達としてならOKよ。
金銭貸借 金を貸してくれ。 お金があったらね。
ネタとしての殺意 キミを殺してやりたいよ。

上記例を見ていると、メタ・コミュニケーションは、真の意味ではなく、コミュニケーションをネタとして補足する機能を持っているようにも見える。ダイレクトに表現しづらい言葉を、ズラシてオブラートに包んでいるような感じがする。(意見)

 

◆ダブルバインド(二重拘束)
やっても、やらなくても縛りがある状態。
例えば、絵を描く指導をしているときに「なんだその絵は、そんな絵しか描けないならやめちまえ。」と言われて、描くのをやめると「早く描き直せ。」と言われる。このような状況がダブルバインド。

★こういう経験をしている子供は、精神分裂症になったり、コミュニケーション障害になったりするそうですね。

Saitoon

権力

フーコーによる権力の概念。

=12歳からの現代思想より

・権力の表象は相変わらず王政のイメージに取り憑かれている。
・権力という語によってまず理解すべきだと思われるのは、無数の力関係であり、それらが行使される領域に内在的で、かつそれらの組織の構成要素であるようなものだ。(フーコー「知への意思」)
・権力はあらゆる瞬間に、あらゆる地点で・・・発生する。権力は至るところにある。

例:親子関係、師弟関係等。

・権力とコミュニケーションは分離できない。権力なきコミュニケーションは幻想である。

=本当にわかる現代思想より

・権力とは無数の力関係である。
・権力は人間関係の至るところで発生する。
・人間関係のあるところに権力関係がある。
・権力は、上から下へ抑圧的に働くのではなく、下から自発的にやってくる。

閉鎖空間では、権力が顕著に散見される。

問題点:
フーコーの権力概念では、権力の外を考えることができず、権力を超えることができなくなる。権力に抵抗したとしても、それもまた権力関係の一つであり、結局権力関係に回収されてしまう。

どうやれば、権力の外に出ることができるのであろうか?

★リーダーがいる漫画では、こういう要素も一応知っておくと、役に立つと思いますよ。

戦略行為とコミュニケーション行為

言葉の違いシリーズ

項目 戦略行為 コミュニケーション行為
目的 他人を自分の目的のために利用し、他人を道具化する。 相互理解で合意に達する。
補足 裏の意図があれば、コミュニケーションとは呼ばずに、戦略行為である。

参考:12歳からの現代思想、ハーバーマス「コミュニケーション能力の理論のための予備的考察」

ホッブスとロックの対比

スピーチライターの講義では、ホッブスとロックの対比がよく出てきますが、どっちがどっちだっけ?とちょっと度忘れするので、対比を作ろうと思いましたが、「沢田善太郎氏のホームページ」に掲載されていたので引用します。

http://www.hkg.ac.jp/~sawada/kougi/02/02.htm

ホッブズとロックの議論の対照
ホッブズ ロック
自然状態 欲求に突き動かされる人間 (心理学的個人)。 自然法に従って行為する理性的人間/自然に向かって労働を通じて働きかける人間(経済学的個人)
自然資源との関係 かぎられた富を奪いあい 労働を通じて富を増殖する。
社会契約の目的 闘争状態の終結 私有財産の保護
国家の役割 放置すれば闘争状態に陥るひとびとの統制 自然法にもとづく所有権をより確実なものにする。
支配の本質 放置すれば戦争状態になる人間の本性の抑制 自然法にもとづいていた人間の理性的行動をより確実に保障
主権者 1人の個人かせいぜい少数の集団が臣民を統治する。 全市民。ただし,多数決による法の制定への同意が前提。
支配者と人民の関係 絶対王政の正当化 抵抗権の主張

このようにまとめておくと、後でスマホで確認できるので、便利なのです。

Saitoon.

冴えない彼女の育てかたのイラストコンテストに応募してみた。

コンテストに出してみました。

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=48859899

 

霞ヶ丘詩羽と安芸倫也(かすみがおかうたは と あきともや) by UNO編集長(ユーエヌオー) on pixiv

 

漫画を描くには見えないものを見る力が必要

漫画を描くには、見えるものだけを表現できればよいわけではありません。
例えば、心を描こうとしても、形があるわけではないのです。
学術的に言えば、「形而上」の存在であり、概念上のものだそうです。

コトバングを調べてみると、
1.形をもっていないもの。
2.哲学で、時間・空間の形式を制約とする感性を介した経験によっては認識できないもの。超自然的、理念的なもの

となっています。

宗教や思想、社会、を意識せずに人間ドラマを描くことは不可能だとおもっています。しかし、そういう存在を認識せずにストーリーを考えたとしたら、自分の周りの世界か妄想しか表現できないでしょう。

だからこそ、学問が必要だと思っています。大きな分類では、人文科学と社会科学の分野です。そして、より高度な専門分野を扱うならば自然科学も必要でしょう。

例えば、軍事ものを描こうと思えば、多種多様な兵器が登場します。その薀蓄を語ろうと思えば、物理や化学の知識も少なからず必要になるでしょう。

もし、10代で漫画家になったとしたら・・・。人文科学、社会科学、自然科学に対する知識がほとんどなかったら、表現できる幅が、おそらく学園モノか家庭内の事情くらいの世界観くらいになってしまう可能性が高いのではないでしょうか?

もちろん、例外もあり、10代で漫画家になった後も、人文科学、社会科学、自然科学らの学問的要素を読書から学ぶことも可能だと思っています。

私の場合は、スピーチライターから人文科学、社会科学の分野を集中的に学んで、知識を増やしています。スピーチライター曰く、その勉強会は「文系大学院レベル」らしいです。なので、凡人の私がついていくのは非常に困難です。

もし、デジタル漫画家育成会のメンバーが増えれば、特別講座を開いてもらって、もっと基本レベルの勉強会を開いてもらうことも可能になるでしょう。

Saitoon.

一億総漫画家計画

一億総漫画家計画を立ち上げました。
自由が丘のSaitoonです。

漫画を描きましょう。
はあ?何言っているの?

一昔前なら、そう言われても当然の時代でした。
しかし、今は、道具さえ揃えれば漫画らしきものは描けてしまうのです。

そして、売れるかどうかはわかりませんが、
出版することもできます。

まあ、売れる売れないは、大前提として、作品のクオリティと面白さを高める必要があります。
その前に、やる気と根性があれば漫画を描くことは可能なのです。

そのやる気と根性を支えるのが、環境です。
その環境部分を支援するのが、我々です。

まずは、このサイトをブックマークに登録していつでもすぐにアクセスできる状態にしておいてください。

Saitoon