カルト宗教の本質

詐欺師に対して、「あなたは詐欺師ですか?」と聞いたら、何とか選ってくるか?

おおむね「詐欺師では無い」という回答となるだろう。

というわけで、カルト宗教の内部にいれば、
「あなたの組織はカルトですか?」
という問いには、当然、

「カルトでは無い」
という回答になる。

そもそもカルトの要素は100以上あるので、代表的な物を言えば、

・まもなく滅びが来る。滅びの時は近いと言っている。
・その組織に入らないと滅びると教え込む
・その組織を悪く言う人間は背教者であるという
・その組織の不都合な情報は、すべて背教者の嘘であるという
・その組織や教祖は、神に選ばれている
・預言を外しても、解釈が変わった等の言い訳をする
・組織内の犯罪はもみ消す。ソレを暴く事は背教であるという
・都合の悪い情報はすべて遮断させる
・おおむね家庭が壊れる
・奉仕と称して無償労働させられる
・賢くなられると騙せないので、大学教育を否定する
・聖書の原典を調べる事は背教となる。いいから組織に従え。
・組織と聖書で異なれば、組織を優先させる
・都合が悪くなると聖書を改竄する。そして教理が変わったという
・組織外の人間と関わらせないようにしている
・脱会すると生きていけないようなマインドコントロールを施している
・とにかく組織に従わせようとする。
・自分の意見や考える事は悪であると教え込む。
・組織に従わない人間には、嫌がらせで対応する。

個別には、いくつかあるが、こういった感じである。
そして、これらのマインドコントロール下にある内部者は、無意識に組織の益になる行為を繰り返す。

なぜこうなるのか?

それは、時間をかけて、脳内価値感の置き換えを1~2年かけて行う。そして、価値が置き換わった後では、後の祭りで、不都合な情報はサーキットブレイカーが自動作動して遮断される。

つまり、この状態では議論にならない。

組織の不都合な情報は、自動的に遮断されるため、都合が悪いと感じた瞬間に逃げる。

逃げ場を失うと、錯乱する。

対策は、最初から関わらない事である。
宗教そのものは否定しないが、宗教組織は反社会的な思想を植え付ける可能性が高い。

いわゆるテロリストの作り方とカルト宗教団体は同じである。

どういう恐ろしさがあるかは、人民寺院を参考にすると良いだろう。900人以上が自殺するという悲惨な結末を迎えた。

こうなるか、ならないかは、組織のトップの指示があるかないか?
ただそれだけである。

たとえば、
「ハルマゲドンを実施せよ!」
という指令が出たとする。

例えば100万人の組織で1%が応じた場合、1万人が同時多発テロを行う事も無いとは言えない。

そういう状況であるから、某組織は、一部の国家で活動を禁止されている。発生したら止めることは不可能に近い。

また、こういった組織は犯罪の事実があっても、隠蔽したり、証拠隠滅したりするので、取り締まるのも至難である。

その間にも悪の手は、世界中に広がっている。

宗教団体名を告げずに勧誘してきたら、おおむねカルトと思って良いだろう。地獄の入り口は広く、出口は狭い。

もし、家族がその組織に入ろうとしたタイミングでは、時既に遅し。というケースが後を絶たない。

そのタイミングでは、マインドコントロールは完了している。
ソコがやっかいでなのである。

家族をカルトから取り戻すには、脱マインドコントロールという一般的では無い壁がそびえ立つ。

この壁を乗り越えるのは、至難。

「カルト被害者の会」とか「カルト被害防止委員会」等という組織を作り、国会議員として送り込む位の事は必要だろう。

しかし、現行勢力には、カルト宗教から票を貰っているケースも多く、実現は難しい。

カルト被害者は、救われる道がほとんど無い悲惨な状況である。
取り締まるにも、人権問題もあるので、難しい。

難易度は、世界中からゴキブリを駆除するのと同じくらいだろうか?

ようするに、不可能。
よって、マインドコントロールする前に、こうした情報に触れて貰うことが最良の予防策となる。

シェアして、拡散して貰うのが、効果的である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください